営業支援システムの特徴と導入時の注意点

営業支援システム、いわゆるSFAは、その名の通り営業活動の支援を目的としたシステムのことです。そんな営業支援システムを活用すると顧客情報や営業プロセスを管理共有できるようになり、業務を効率化することができます。また、マネジメント層も営業担当社ごとの業務の進捗状況や顧客の動向をタイムリーに把握できる点もメリットです。ただし、営業支援システムの導入にはデメリットも存在します。

具体的なデメリットとしては、導入時を中心にコストがかかる、というものがあげられます。実際に営業支援を行うシステムにはさまざまな機能が欠かせないためある程度のコストを欠けることは必要です。一方でできる対策としては、導入前に自社が抱えている課題を洗い出し必要な機能に的を絞って最もコストパフォーマンスが自社にとって良いものを選ぶ、というものです。企業それぞれが抱えている課題は異なるので、一般的な評判ばかりに目を向けずまずは自社が今抱えている課題の把握から始めましょう。

また、せっかく導入したシステムが使いこなせていない、維持費がかかりすぎる、なども代表的な失敗例です。自社の環境や社員のリテラシー、さらにはそのシステムの利用をどのような方法で浸透させていくか。そこまでプランニングしてからシステムを導入するのがおすすめです。加えて、慣れるまではシステムに営業活動脳情報を入力することに時間がかかってしまうかもしれません。

かえって無駄に時間がかかって効率が落ちることがないよう運用方法に気をつける必要があります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*