営業支援の概要について

多くの企業では営業部門を構えて自社製品やサービスを顧客にアピールして売上向上などを図っています。営業支援とは、これらの営業部門の業務をサポートしたり、各種課題の解決を図り売上向上を目指す内容全般を指しており、営業支援が必要となる背景として、営業スタッフが営業以外の業務に携わるなどして、業務負荷が増加している事が挙げられます。営業支援として多くの企業に導入されているのがSFAと呼ばれるITシステムです。これは各営業スタッフの顧客情報である社名や部署、氏名や連絡先を共有する事によって営業活動の重複を防いだり、営業の分担を最適化する事によって効率的な営業活動に繋げることが可能となります。

また顧客獲得に導く際のコツや経験を記録に残し共有する事によって、属人化しやすい営業のノウハウを蓄積し、組織として成果を上げてゆく事が可能です。営業部門の管理者は営業スタッフの業務進捗や管理を行い易くなります。更に営業担当の異動などが発生した場合にも、後継者への業務引き継ぎなどをスムーズに行う事が出来ます。営業支援システムを運用する際の注意点ですが、営業情報のデータ入力のみで終わらせるのでは無く、蓄積した様々な営業データを分析し、業務の各種課題を発見して改善につなげて行く取組みがとても重要です。

また支援システムは各種システムと連携可能ですので、データ入力を自動化するなどで業務効率向上を図れるケースも有ります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*