就活と学歴の関係について

就活においては学歴があるかどうかによって、応募できたり、応募できなかったり、書類選考を通ったり、書類選考を通らなかったりすることが多々あります。大企業の多くは一般職では高卒者を受け入れている場合もありますが、総合職の場合には大卒者を求める場合が多いです。さらに研究職などにおいては大学院卒者を受け入れる場合が多くなっています。難関大学の学生かどうかも重視されます。

難関大学の学生は会社説明会に優先的に予約できたり、ほぼ無条件に書類選考は通過できる場合も少なくありません。中堅大学や下位の大学の学生は人気企業の会社説明会になかなか出席できなかったり、書類選考で落とされる場合も多くなっています。ですから、就活で人気の高い企業に入社したかったら、難関大学の学生になることがとても重要です。しかし、難関大学に入学したからと言って、簡単に内定が得られるようなことはありません。

書類選考を通過した学生の多くは難関大学の学生であり、面接を通過するには難関大学の学生の中でも優れていなければならないからです。何の取り柄もない難関大学の学生は苦戦を強いられる可能性も高いのです。難関大学の学生は、学生時代に難関資格を取得していたり、英会話力を身につけていたり、ゼミやサークルや同好会などで大活躍している人も少なくありません。面接は難関大学の学生の間での戦いになるので、難関大学の学生でも簡単に就活を終えられるわけでもないのです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*