テレビ会議のメリットとデメリット

最近ではインターネット回線やインターネット端末が多く登場してきています。それに伴い、インターネット端末を仕事で利用している企業も多くなっています。今回は、インターネット回線を使ったテレビ会議のメリットとデメリットを紹介していきます。まず、メリットです。

一番の利点としては、離れている支店同士でも各支店に居ながら、会議を行うことができる事です。一カ所に集まって会議をするとなると、交通費や時間の制約という問題が出てきてしまい、非効率な面が目立ちます。しかし、テレビ会議ではそういった問題が一切なく、普段の業務にも支障が少ないです。また、テレビ会議では相手の表情や声のトーンも聞くことができるので、実際に会議相手が目の前にいるかの様に感じられるのでそういった点もメリットの一つです。

次に、デメリットです。一見すると、デメリットは少ないように思えますが、便利な反面、不便な面もあるのです。それは、設備を整えるのに初期資金がかかってしまう事です。複数の支店や店舗を持っている企業は資金が多くかかってしまいます。

他にも、インターネット回線を利用する事になるので、回線の問題も発生してきます。回線の問題としてはプロバイダ側の問題であったり、企業側のネットワーク構成の問題があります。こうした問題が発生してしまうと、テレビ会議自体が成立しなくなってしまいます。最後にテレビ会議を利用する上での注意点です。

やはり、インターネット回線を使用するとなると、セキュリティの問題が一番重要です。会議となると会社の内部情報を話す事があるので、セキュリティ環境が万全でないと、ウィルスによる情報の漏えい等に繋がってしまいます。このように、便利なものを利用する際には上記のような事を念頭において使用する事が大切です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*