テレビ会議とWeb会議の違い

通信技術の発達した現代。企業でも、わざわざ出張しなくても遠方の社員との会議を行うことができる、遠隔会議システムが使われるようになりました。その1つがテレビ会議です。テレビ会議と似たようなシステムにWeb会議がありますが、これら2つには違いがあるので、それぞれの特徴を理解する必要があります。

テレビ会議は、専用の回線を使うことにより、高品質の映像・音声で利用することができます。参加者が多い場合でも、クリアな音声と映像で、臨場感ある会議を行えますので、大人数の会議向きといえるでしょう。また、個人個人の細かな表情を確認できますので、円滑なコミュニケーションも期待できます。拠点間の会議・コミュニケーションの向上に役立つツールとなっています。

ただし、専用の端末・専用の回線が必要となりますので、導入費用が高く、社内の決まった場所でしか利用できないというデメリットもあります。Web会議は、パソコンとインターネット回線があれば手軽に始められます。各パソコンがある場所でなら、どこでも会議を行うことができます。資料やソフトウェアを共有したり、録画をすることも可能ですので、共同作業を行う実務者に便利となっています。

ただし、画像・音声はテレビ会議に比べ劣りますので、1つのカメラで写せる人数に制限があり、細かな表情まで読みとることが難しくなります。このように、テレビ会議・Web会議にはそれぞれにメリット・デメリットがありますので、利用目的にあった選択をする必要があります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*