テレビ会議システムについて

テレビ会議システムは、複数の支店などを持っている会社に導入するとメリットがあります。システムを導入するためには、本社と支店に回線を結んでいる必要があるのですが、ネットワークさえ構築できていればすぐに導入することができます。テレビ会議システムを導入することによって、本社と支店との会議や意思疎通などが円滑に進み、経費削減を行うことができます。また、テレビ画面を見ながら会議を進めることができるので、モニターに映っている顔を見ながら説明ができ、会議の内容を理解しているかも表情を見ながら確認できるので、実際に集まって会議しているように感じます。

大きな会社になれば、支店長を本社に集めて定期的な会議などを行い、本社の経営方針などを各支店長に確認させる必要があります。この会議を行うためには、各支店長の出張費が必要になり、本社まで来るために移動時間も必要になってくることから、莫大な経費が掛かってしまいます。会議の数が多ければ多いほど経費削減のメリットが高くなり、導入コストも安く済むことになります。また、会議のためだけに使用するのではなく、各支店において採用した社員教育などにも活用することができます。

新入社員を本社に集めて研修などを行うと、交通費や宿泊費などの経費が必要になってしまうのですが、テレビ会議システムを活用することで、各支店にいる新入社員に対して、研修を行うことができます。テレビ会議システムは初期投資に費用が掛かりますが、使い方によっては経費を大きく削減することができるので、導入するメリットがあります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*