テレビ会議の企業における効果について

テレビ会議を導入する企業が増えていますが、その多くは単に目新しさや見た目の利便性だけで導入しているわけではありません。その効果を定量的に分析し、企業としての生産性を高める定量的な効果を検証した結果として導入している所が多いものです。ではその定量的な効果とはどのようなものなのでしょうか。テレビ会議を行う目的は、遠隔地との会議です。

通常であればどちらかの会議室に集まり、会議を行うところをテレビ会議によりお互いに移動をすることなく会議が行える利点があります。例えば東京と大阪でテレビ会議を行う場合には、どちらかの社員がどちらかに移動するための交通費が必要になりますが、これをまずは削減できます。さらに移動をするための時間が削減できるという効果が有ります。非常に単純なことですが、時間とお金が重要なビジネスの世界に於いては、この2つの削減効果は非常に重要な事なのです。

また、最近では自分の席に居ながらにして異なるフロアや異なる拠点のメンバーが同時にパソコン上で会議が出来る様になったり、インターネットの普及によりそれぞれが自宅に居ながらミーティングが出来るといった事が日常的に行われる様になっています。これも企業に於いては業務の効率化という点に於いては非常に重要なことで、いつでもどこでも仕事ができるという環境を支える大きな機能となっています。もちろん、一定の秩序を持って使用されなければならない部分は有りますが、競争の激しい中では、その機能をもつことはビジネスチャンスを迅速に掴むために必要な機能と言えます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*