ビジネス用の道具として役立つタブレットや紙の手帳

時代と進歩に合わせて、働く人々の商売道具は変わっていきます。古き良き時代に思いを馳せる事は大事です。しかし、現役世代の人々はノスタルジックな思いにとらわれる事なく、最新鋭のデバイスをビジネス用に躊躇せず導入すべきです。アナログ一辺倒では、今日のビジネスシーンには適応する事が出来ません。

また最近は文房具と紙のメモ帳を使う事が再評価され、アナログ的な仕事術が流行っていますが、それと最新鋭のタブレットを使う事は見事に共存する事が出来ます。アナログかデジタル機器か、商売道具をどちらかに統一する必要性はありません。臨機応変にビジネス用の道具を使い分ける事が、真のビジネスパーソンです。例えば、アイデアをメモするだけでなら、直ぐ様取り出せる紙の手帳と鉛筆が最適です。

電源も要りませんし、思いついた企画や計算式をそのまま脳から直接アウトプット出来ますので、瞬間的なメモにはベストマッチです。反対にスケジュール管理などは、保存と呼び出しの性能に長けたタブレットが適しています。既に決定した予定や忘れてはいけない案件などは、タブレットにどんどんメモしましょう。デジタル機器の強みである一度記録した事は確実に保存される利点が活かせます。

またタブレットには、ビジネス用アプリが多数用意されています。予定の時間や曜日が近づいてきたら、アラームなどで教えてくれる便利機能がありますので、スケジュールを常に正しく把握出来ます。タブレットと紙のツールは共存共栄が出来る道具同士、一緒に使うのが賢明です。SFAのことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*