ビジネス用のタブレットに求められる3つの特徴

ビジネス用タブレットには、3つの特徴が自然と要求されます。1つめの特徴ですが、まずパフォーマンスが平均を超えていなければいけません。最近のアプリケーションはどれも高性能です。低スペックな製品だと、アプリ自体は動かせても、画面の表示が遅れたり、カクカクした動作になってしまいます。

プライベート用のタブレットであれば、コストパフォーマンスを最優先してもOKですが、大事なクライアントとの商談の中で、ファイルやアプリがモタモタ表示されれば、それだけでチャンスロスに繋がります。パソコン同様に、CPUとメモリのグレードが高いモデルを積極的に購入しましょう。2つめの特徴ですが、ポータビリティの高いタブレットを意識的に選択したいところです。ポータビリティとは要するに製品の運びやすさを指します。

重量がある製品だとビジネス用に不向きです。ビジネス用のツールとして毎日通勤や外回りで携帯する上で、重量がある事は大きな欠点になり、反対に軽量化された最新の製品であれば、鞄に入れても負担は少ないです。更に小型のタブレットを選択すれば、鞄どころかスーツのポケットにも収納する事ができ、少しサイズの大きなスマートフォンとして活用出来ます。3つめの特徴になりますが、本体の物理的な安全性も比較検討しましょう。

当然、堅牢な作りのタブレットの方がビジネス用として最適です。デザイン性が高い製品は堅牢性が平均的ですので、無駄な装飾やカラーが排された質実剛健な製品の方が、誤って落下させてしまっても、データや本体の液晶画面が無事に済みます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*