ビジネス用タブレットを選ぶポイント

現代のオフィスにおいてはパソコンを使った業務はもはや必須といえます。文書の作成からメール、インターネットなど様々使用されています。一般的にパソコンにおいてはデスクトップタイプとノートタイプに分類されますが、最近は外出先で活用できるビジネス用タブレット端末を導入されている企業も多くなっています。ここでは今後ビジネス用タブレットをお考えの際に参考にして頂きたいポイントについて説明します。

ビジネス用タブレット端末を選ぶ際には、使用する業務用途を考慮する事が重要です。ipad端末やアンドロイド端末はパソコンと全く使用方法が異なります。特にオフィス文書作成や文書の保存などはパソコンに比べ勝手も違い非常に手間がかかりますので、この様な文書作成作業は一般的には不向きと言えます。ipad端末やアンドロイド端末は主にメールや地図、インターネットブラウザなどを使った業務、外出先での写真撮影(現場写真など)の使用が主目的となります。

オフィス文書の作成や外出先からの社内へのアクセス、文書共有などが必要になる場合にはsurface端末がおすすめです。通常のパソコンと全く同じと言えますので、外出先でオフィス文書の作成からファイル共有など一般的なオフィス業務をこなす事ができます。会社に戻りますと、一般端末として社内LANに接続する事も可能です。ビジネス用タブレット端末は価格も安くなっており、非常に購入しやすくなっています。

購入される際には業務用途にあったモデルを選択しなければ宝の持ち腐れになってしまいます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*